涙のクリスマス

南国土佐なんて嘘です

大雪です

農園に上るのは諦め、隣町のベースを見に行きましたが

帰り道、3回もスリップ!

軽トラが180度回転して、死ぬかと思いました

そして翌日、、、いてもたってもおれず農園へ

スコップを担いで片道2時間ほどの軽い雪山登山です

途中、幼木のエリアは雪に覆われ真っ白

倒木もあり不安は募る一方

ようやくたどり着いた農園は衝撃の光景でした

木は折れて雪がかぶさり、昨日まで可愛らしく揺れていた文旦が

無い、、、、、

いやいやいや!!!

夢中で雪をかき分けると雪の中にすっぽりと埋まっています

泣けました

自分達に喝を入れ、見回り

木の上の雪をはらい、根元の雪を書き、文旦を掘り起こし

言葉もなく山を下りてきました

皆さんのお手元には、毎年恒例のお葉書が届いている頃かと思います

何かしらの変更があるかもしれませんが

考えうるすべての手を尽くし、問題を解決したいと思います

そして、今年も美味しい文旦をお届けできるよう

がんばります!

ろぼ農園、踏ん張りどころです!!

jam

今年はクリスマスのジャムが炊けませんでした

材料が揃わなかったからです

仕方ないか、、、と、わりかし呑気に思っていたら

何人もの方からお問い合わせが!

正直、え?そんなに?!と驚きが隠せず

お電話を頂戴した方には、お好きなんですか?と聞いてしまいました

そう、クリスマスのジャムは好みがはっきり分かれます

その方は、一年も楽しみにしてくださっていたらしく

心底、残念で申し訳なくて悔やみました

初めて作った年は、半分ほどの材料を手作りしたんですよ!

柑橘のピールはもちろん、あんずも自分でドライにしました

来年は必ずや!!

ろぼ農園のジャム作りは、一月の文旦から始まります

いっそのこと、文旦のジャムだけを一年中作ろうか、、

なんていうことも考えつつ

来年も、どこかにろぼ農園らしさを感じていただけるような

ジャムを作りたいと思います

初!おみかんジュース

温州みかん、搾りました!

今年は初めての試みがたくさんあって、

もう、ドキドキワクワクが続いています。

実は、ろぼ農園の温州みかん、

初めの2年ほどは販売していませんでした。

理由は色々ありますが、一番の理由は皮の厚さです。

甘い、薄い、柔らかいものが良いとされる時代、

野性味をウリにしている私たちでも、

ちょっと歯ごたえがありすぎじゃない?!と、

完全に気がひけて、自分たちでせっせと食べていました。

しかし、それには量が多すぎるし、中には薄皮の良い感じのものもあるしで、

周りの人にお分けしたところ、毎年リクエストを頂戴するに至ったのです。

今ではすっかり人気者になったおみかんちゃん。

しか〜し!!

それでも大量にある、歯ごたえ激し目みかんちゃん。

よーし!搾ってみるか!ってことでギュギュギュッとやってみたら、

めっちゃ美味しい!!!ナンジャコリャ!!

丸ごと搾ったからこその苦味、みかんの甘みと酸味。

ろぼ農園らしい野性味あふれる「おみかんジュース」が

出来上がりました。

歯ごたえ激し目おみかんジュース、ぜひお召し上がりください!

そして今年はとっても少量ですが、青果での販売もいたします。

オンラインショップから、どうぞ!